採用案内トップ  >スタッフインタビュー  > 越賀

スタッフインタビュー INTERVIEW

ネイルケアリストの求人

天王寺店で働く越賀さんのインタビューです。

入社のきっかけを教えてください
元々肌が弱いこともありジェルネイルアレルギーを発症したことなどから、美しく健康的な爪や手肌であることの喜びや大変さを痛感していました。

自分自身が身をもって体験したからこそ、この分野で何か仕事を続けたいという気持ちが強まり、様々なサロンを探していくうちにプリナチュールの存在を知りました。

仕事内容を重視するのはもちろん、長く働きたいと考えていたので求職中は美容業界の不安定さがネックでしたが、その点プリナチュールは福利厚生が整っているということもあり、応募の後押しになりました。
ネイルケア専門サロンで働くやりがいは何だと思いますか?
綺麗なアートを施してないのにお客様が感動してくださることを目の前で感じられることだと思います。

私自身も爪や手肌が荒れていた時は人目につくのが本当に嫌でした。実際にお客様にも手がコンプレックスで、いつも拳を握って手を隠しているという方もいらっしゃいます。

そういう方が次の来店のときには人に褒められるようになったとか、手が好きなパーツになったなどとお話してくださると嬉しく思います。また個人的に多数の人対自分という状況が苦手なので、お客様と一対一で関わることができるやりがいは感じます。

また、お客様の層がとても良いなーと常々感じています。
スマートフォンとかをずっと触りながら、単に施術を受けるだけの人が多い、と他サロンで働く人から聞くのですが、そういう方はとても少なく、しっかりとネイリストの話しを聞いてくれるところがとても施術をしていて嬉しいです。
お客様の雰囲気もナチュラルな方がとても多く、プリナチュールのイメージともぴったりな方が多いのも特徴かなと思っています。

現在のプリナチュールでの働き方

仕事で大変なことは何ですか?どうやってそれを解決しようと試みていますか?
爪や手肌にお悩みをお持ちのお客様がほとんどですが、何か役に立つ情報をと思っても、突き詰めていくと100%の正解はないのかもと感じることがあります。

爪の基本的な知識やお手入れ方法を知っていても、肌質や生活スタイルは人それぞれで、たくさんのケア商品や情報が出回っている中、何をおすすめできるかということに悩まされることもあります。

それでも施術時間内でお客様に何をお伝えするかは自分が持っている情報量が多いほうが選択肢ももちろん増えるので、なるべく先輩スタッフに話を聞いたりしています。

情報収集をするときもまず一つの考えとして捉えて、多角的に考えるために決めつけないように気を付けています。
プリナチュールのいろいろな制度や仕組みの中で、いいなーと思っているようなところはありますか??
有休消化率が高いところです。美容業界では、まず有休自体ないものとされている所も多い中、プリナチュールではほぼ100%消化可能なので珍しいサロンだと思います。

会社側が、サービス業だから休みなく営業すべきという考えではないので、心に余裕をもって働けていますし、プライベートを大切にしてくれているので、休みの日にはまず連絡が来ないとことも良いなと思っています。

思い出やリフレッシュ方法など

働き始めてからの思い出に残ることを教えてください。
ネイルサロン自体スタッフもお客様も派手めな方が多い印象でしたが、そんなイメージとはかけ離れたスタッフやお客様で安心したことかなと思います。

スタッフ同士もつかず離れずな程よい距離感ですが、相談すれば親身に話を聞いてくれるので人間関係にもストレスを感じることなく勤務できてます。
休みの日は何かをしてリラックスしたりしていますか?
家でのんびりすることが好きなので、映画やドラマを見て過ごしています。
自分では選ばないようなお客様おすすめのものを見てみたりすると新しい発見があるので楽しいです。連休が取れたときは、地元の北陸に帰って気分転換しています。