採用案内トップ  >スタッフインタビュー  > 井上

スタッフインタビュー INTERVIEW

主に梅田店で働いている大野さんのインタビューです。

プリナチュールへの入社のきっかけは何ですか?
会社員時代に趣味の延長で、ピアスやアクセサリーなどを作って知人のお店に置いてもらったりしていました。
そのお店のひとつだったネイルサロンで、ネイリスト業務に誘われたことがネイルに携わるきっかけになりました。 初めはネイルアートから入ったのですが、そこのジェルネイルサロンが福祉施設でのネイルやケアやマニキュアをやっていたお店で、そこでジェルネイルだけではなくケアというものに触れるようになりました。

サロンでは主婦層が主なお客様でしたが、それと別で高齢者の方に施術したり訪問ネイルをしたりといった福祉のネイル活動をしていた中でケアやマッサージなどが大事だと感じるようになり人を癒す仕事をしていきたいなと考えていました。

もともと、自爪にコンプレックスがある方の気持ちが分かる立場ではあったので、手に関する仕事を将来的にはしていくのではないかという気持ちはずっとあり、プリナチュールに入社してみたいとなるようになりました。
仕事でのやりがいはありますか?
お客様のためだけに一対一で施術をしますし、満足してもらえればダイレクトにその反応がその場でもらえます。

前職からネイル業界に変わってみて、こんなにありがとうと言われる仕事はないなと感じました。
そして、ただ飾るだけではなく爪を育てていくお手伝いをしていくことで、身体の一部のコンプレックスを解消してもらえるというやりがいがあります。
職場の雰囲気はどうですか?どんなところがお気に入りですか?
女性ばかりの職場なので人間関係が複雑というイメージを持たれているかもしれませんが、穏やかな方がばかりですし、お互いに干渉しすぎず程よい距離間で仕事ができていますので、働きやすい職場だなと感じていますね。

現在のプリナチュールでの働き方

仕事で大変なことは何ですか?
美容業なので体力面で大変と感じることもやはりありますので、そこに全く自信がない方にはには向いていないかもしれません。

座り仕事なので一見楽に見えますが長時間同じ体勢でいるので、腰を痛めないよう日々の健康管理には気を遣っています。施術時間以内に終わらせることが必須ですが、時間をかければかけるほど丁寧なネイルケアができるので、そのバランスをとるのは難しいなと感じることがあります。

施術だけでなくお客様のカルテを記入するなど、やることは色々とあるので要領良く仕事ができる方はそれが役に立つと思います。
面接や初めての研修、出社日のことなど思い出に残ることを教えてください。
プリナチュールはデビュー前にリーズナブルに施術を行う研修施術という仕組みがあるのですが、その時に来てくださったお客様が今もずっときてくれていたり、それがきっかけでご指名をいただくこともあり、すごくありがたいことだと思っています。
復帰時について
そうなんです。一身上の都合で一度プリナチュールから離れ、退職したのですが、それからもスタッフとの関わりもあり、お店の近況なども色々と聞くこともありました。

そしてやはり、ずっとネイルケアに対する想いは強くあったので、その後やっぱり戻ろうと思い復職を決意しました。 ブランクは数ヶ月と短かかったので、それほどありませんでしたが、スムーズに戻ろうと決められたのはやはり社内の人間関係が良い環境だからというのは大きかったです。

復職なのにスタッフにもお客様にも温かく迎え入れていただけて嬉しかったです。 これからもその時のご恩をお客様や職場に少しでも返せるように頑張りたいなと思っています!